top of page

NPO法人わたぼうしグランドデザイン学生事務局チーフが中日新聞で紹介されました。

更新日:2023年7月8日



民俗芸能 次世代へ

地域活性化や伝統文化の継承に努める浜松市のNPO法人「わたぼうしグランドデザイン」の活動に参加し、二〇二三年度から学生事務局の責任者に就任した。浜松学院大三年。

今年一月、北区引佐町に伝わる国の重要無形民俗文化財「川名ひよんどり」の舞を地元保存会から学び、祭礼で披露した。舞は男性に限られてきたが、女性が舞うことで次世代につなぐ可能性を広げ、子どもたちの体験イベントにも協力。「大学生が間に入って、保存会と子どもたちをつなぐことができた」。その様子はオンラインでも発信した。

活動の原点は、一年の時に仲間と出場した市主催の政策アイデアコンテスト。市長の前で情報通信技術(ICT)を活用した伝統芸能の継承を提案し、高い評価を得た。「活動することと、その活動を広く発信することを意識するきっかけになった。これからも続けたい」と意気込む。(岸友里)


閲覧数:31回0件のコメント
bottom of page